Pomeranian:もこ

~ マイホーム購入までの道 ~

2018年8月に念願のマイホームを購入しました。
検討開始から実際の購入までの色々な事の記録に購入後の所感も交えて綴っています。

No.4 新たな迷い

検討開始当初は『注文住宅』か『建売』で迷い、『理想に近い建売』を目指す事になりましたが、今回の迷いの種は『新築』か『中古』かです!

当然住宅でも「新築」か「中古」の選択肢があるのは知っていましたが、中古にも大きく分けて「現状渡し」「リフォーム済」「リノベーション済」の3パターンある事までは考慮していませんでした… その時ママが持ってきた物件がまさに「リノベーション済」物件だったのです。
※「リフォームとリノベーションの違い」について詳しくはネットで調べてみて下さい。

その時の物件は木造築25年4LDK、リノベーション済、京急沿線の駅徒歩3分、平坦、極小庭付、家屋下に駐車場1台分有で、予算上限ギリギリの物件です。 実際に中古ってどうなの?と思いつつも条件面ではかなり魅力的だったので見学させて頂く事にしました。

当日は営業担当(Dさん)の方が色々と状況を説明してくれました。Dさんもベテランという感じで色々と丁寧にアドバイスをしてくれて良い感じでした。

実際の物件はというと外観はリフォームといった感じで築年数相応でしたが、室内は今まで見てきた新築と変わらず、特に水回りはキッチンからお風呂、トイレに至るまで最新の設備が入っていて綺麗でした。 Dさん曰く、この立地条件で新築となるとかなりの金額になるとの事…まぁそうでしょうね。立地は平坦、駅近、駐車場付きですし需要は高いでしょうからね。

本来なら外観以外は条件が揃っているんだから買いでしょ!って思うはずし、個人間売買なら消費税は掛からないというのは予算から考えても大きなメリットでしたが、 どうしても心の中に『基礎や外観は結局築年数相応なんだよな~』という思いがある点と、『建築基準、耐震性、資産価値、ローン減税の点でややこしい!』という2点が問題でした。

この判断には迷いました。条件は整っているのに心が拒否してるという(笑)結局その物件は流れましたが、そうなると次に考えるのは『築浅の中古ならどうか?』です。私の欲望は留まる事を知りません…

自分達でも色々と探し、Dさんも中古物件をメインに色々と情報を送ってきてくれて、何件か見学したものの気に入った物件には出会えずにいました。しかし、このDさん当初から気になっていたのですが、事あるごとに「将来賃貸に出しても~」というのです。 Dさんに悪気があるとは思いませんでしたし、確かに将来何が起こるか分からないですし、立地が良ければ先々賃貸として貸し出して不動産収入を得る事も出来るのでしょうけど、 根本的にDさんの対応が私たちのニーズや会話とは噛み合わない事が続き、次第にDさんとの連絡も途絶え、不思議と自然に中古物件自体対象から外れていきました😅

その頃には家探しを始めてから3ヶ月経ち、夏真っ盛り!見学した物件は数知れず…それでも何かしらの理由で決定できずにいました…

そんなある日、営業のAさんから仕事中に電話が来ました。何事かと思い折り返すと「今物件送ったので是非すぐ見て欲しい」と…ぅーん仕事中(笑)

しかしAさんがそこまで急に連絡してきたからには理由があるはず、で聞いてみると「要望に近い物件が出たのですが、かなり理想に近い良い物件なので早く動いた方が良いと思って」との事。 気になる!気になるぞ!仕事が手に付かないくらい気になります。とりあえずその日の夜8時に現地待ち合わせで見学させてもらう事にしました。

夜だったので、周りの環境が見れるか心配でしたが、予想に反して丘の上ではありましたが綺麗に区画整備された場所で、環境に問題はありません。 建物も理想的、庭も20平米、駐車場は2台分!広い!今までの状況から考えてこれ以上の物件は中々無いだろうし、NGの理由も何一つ無かったので買うと決めました。 しかし、何故こんな良い物件が今になって急に?と聞いてみると、どうやら先に申し込みをした人が住宅ローンの本審査に落ちて解除になったのだとか。納得!

この時私は大きな判断ミスをしました。急遽当日の見学で、この場ですぐに申し込む事になろうとは想像もしていませんでした… なんせ買うと決めたのはこの物件が初めてですから…時間は22時近く、仕事の疲れもあり、明日も仕事という状況で、これから申し込むのもシンドイので明日申し込みますという事で帰宅してしまいました🚙

昼に営業のAさんから電話が掛かってきました。「ぅーん仕事中」とは言ってられません。電話に出ると「他で申し込みが入ったみたいです」との事😮 あの時は衝撃とガッカリ感は今でも覚えています(笑)昨日申し込んでおけば良かったなぁ~という後悔をしつつママにも連絡。しかし、今回の物件を見て予算内で 理想の家はあるんだと確認できた事で、また購入に向けての意欲が湧いてきました。

そして数日後・・・